Hana式ブラウン

Hana式ブラウン Hana式ブラウン
Hana式ブラウン

根元が伸びてきても気になりにくいHana式ナチュラルカラーの育て方

ヘアカラーをする上で絶対に避けられないのが色落ち・根元が伸びてくることの2つですよね。 …厳密に言えばダメージも避けられませんけれど、それは僕達美容師の努力とご自宅でのケア次第でかなり変わってきます。 兎角、この地球上で...
Hana式ブラウン

1年半ぶりのご来店で伸びきった毛先のブリーチをハイライトで自然なグラデーションに

今年のこのコロナの影響で中々ご来店頂けない方も多かったですが、そうでなくても様々な事情で中々美容室に行けないという方も少なくないですよね。 僕が普段させて頂いているようなブリーチありき、ホワイトブリーチありきな髪色にされている...
Hana式ブラウン

根元が伸びてきても”クッキリプリン”になりにくいブラウンヘアの話

ハイトーンカラーでもブラウン系カラーでも、ヘアカラーをする上で避けることができないのが”色落ち”と”根元が伸びてくること”。 色落ちに関しては、 この辺りの記事で書いているように、”染めたて〜色落...
Hana式ブラウン

チラッと見えるのが可愛いイヤリングカラーをもっとさりげなく

割とこう、派手目なカラーを作ることの多い僕ですけれど、個人的な趣味趣向で言うのならチラリと見えるくらいさりげない方が好きです。 あからさまな柄物よりも、裏地に柄が入っているみたいな。 そういうカラーのご紹介をば。 ...
Hana式ブラウン

アップにすることが多い方必須の襟足に魂を込めるHana式ブラウン

茶色の記事が続きますが、僕も普通に茶色のカラーをすることもあります。 少しだけブリーチのお客様が多いだけで、別に茶系のカラーが嫌いとかそういうわけではないですし、むしろ大好きです。 なんなら、茶色の方が他の美容師さんとの差がわか...
Hana式ブラウン

白髪があっても明るくできるし色味も楽しめるHana式ブラウン

”白髪染め・オシャレ染め”みたいな謎の区分ありますよね。 確かに、白髪って黒髪と同じように染めようとすると、色が入らず浮いてしまうこともあります。 しかし、白髪を染めるための原理原則が分かっていれば、所謂オシャレ染めと変わらない...
Hanaカラー

和菓子のような色合いのインナーカラーとハイライトの入ったブラウン

僕はお客様のデザインを作るのではなく、僕自身のデザインをご提供するというスタンスです。だからと言って自分勝手に作っているというわけではなく、好み、キャラクター、髪質、ご来店頂ける周期など…。そういったことを参考にしながら、デザインさせて頂いています。そんな僕のブラウンとカラーチェンジのしやすいインナーカラーの記事です。
Hana式ブラウン

色落ちもプリンも気にならない、個性的で楽しいHana式ブラウン

僕の普段の仕事と言えば矢張りこういった…、 しっかりブリーチして色鮮やかなお色で、カラフルにさせて頂く事が多いです。 ブリーチ専門なので、当たり前と言えば当たり前なのですけれどね。 けれど、...
Hana式ブラウン

”くすみ”や”濁り”は汚いもの??透明感が全てじゃないよねって話

最近のヘアカラーのトレンドと言えば”透明感”。 透明感至上主義と言うか、外国人風な髪色を求めて、赤みは殺すものみたいな風潮がありますよね。 透明感とは逆に、くすみ感を求めている方もいたり。 もう、何が何だか...
Hana式ブラウン

ブラウンと相性の良いピンクというお色

柔らかく可愛らしい印象のピンクですが、その色の持つ特徴からブラウン系の髪色との相性は抜群に良いです。こちらの記事ではその理由と実例をご紹介しております。
タイトルとURLをコピーしました