ブリーチと黒染めの繰り返しや失敗でなったムラも綺麗な髪色と色落ちに

セルフカラーをしてしまったり。

美容室を転々されていたり。

毎回違う美容師さんに担当されていたり。

ブリーチと黒染めの繰り返しをしていたり。

 

様々な原因から生まれてしまう”ヘアカラーのムラ”。

勿論、毎回同じ美容師さんに担当してもらっていても、美容師さんの技術不足でムラになってしまうこともあると思います。

 

一度ムラになってしまった髪の毛は、どこかでキチンと直さないことにはカットで物理的に切らないことにはずっと残り続けます。

 

ですが、キチンと状況を理解し、丁寧にブリーチをしてカラーをして整えてあげると、完璧には難しくともある程度直してあげる事ができます。

 

 

 

【華やかで品のある髪色が派手髪】

【当たり前から一歩踏み出した面白いスタイルを】

をモットーに、東京は学芸大学駅から徒歩4分の Al Chem という美容室にてカラー技術ではなく僕の作るデザインをご提供しております。

こちらの記事や日々のブログ、スタイルページ、インスタグラムなどをご覧頂いた上、僕の理念や作るスタイルに共感頂けた方は是非LINEオフィシャルアカウントから、友達追加の上ご連絡ください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Instagram

チダハナラヂオはこちら

 

 

 

 

ブリーチと黒染めの繰り返しで地層のようなムラになってしまっていた初回の状態…

 

今回ご紹介するのは以前記事に書いたこちらのお客様。

 

ブリーチと黒染めの繰り返しで地層のようなムラになった髪の毛を均一に
ブリーチとトーンダウンを繰り返しているとどうしても出来てしまうムラ。それを可能な限り修正して綺麗な状態にするには…。

 

こちらの記事でも書いておりますが、初めてご来店頂いた時はこのように…。

 

 

 

 

このように、今までのカラーによって地層のようなムラになってしまっておりました。

正直、僕が今までカラーをさせて頂いたお客様の中でも、中々な履歴でした。

 

僕は現在の状態をなるべく正確に把握するために、全てのお客様に必ず事前カウンセリングをさせて頂いております。

 

 

 

事前カウンセリングをしている理由

 

こちらにも書いている通り、僕は全てのお客様に必ず事前カウンセリングをさせて頂いております。

 

【初めましての方必読】ブリーチ専門カラリストHanaのカラーについて
東京の学芸大学駅徒歩4分の美容室Al Chemでブリーチ専門カラリストをしているHanaのヘアカラーに対する拘りや大切にしていることをまとめた記事です。初めましての方は是非こちらをご覧ください。

 

事前カウンセリングはあくまで”状態をある程度把握し、今確実に不可能な事と恐らく難しいであろうという事”をお伝えするために行っております。

例えば、ホワイトヘアにしたいとなった場合、ヴァージンヘアでないと不可能になってきます。

 

ホワイトヘアやシルバー、パステルトーンにするための最低条件について
条件が整ってさえいれば、ブリーチは何回もしなくても1回で地毛からホワイトヘアにすることができます。 その条件と、何故白に出来なくなってしまうのかという理由をまとめました。

 

なのにも関わらず、ご来店頂いてから「それは今出来ませんよ。」とお伝えすることは非常に不誠実だと思いますし、お客様の大切な時間を奪ってしまう大変失礼な行為だと思うからです。

 

勿論、ご予約のLINEを下さるということはとても期待して連絡をして下さっているということも分かります。

けれど、期待して予約して、期待のままご来店頂いて。

蓋を開けてみたら「出来ません。」なんて嫌じゃないですか。

 

いやまあ、出来ませんとお伝えしなければならないこと自体が本当に悔しいのですけれど…。

 

なのでせめて、その方が今どういった状態で何故ご希望のお色にする事が難しい(不可能)なのかというのをお伝えするというのも、僕たち美容師の義務なのかなと思います。

 

本当はね、出来ませんなんて言わなくて済むのが一番なんですけどね。

そう出来るなら、僕もそうしたいのですけれど。

履歴、言わば業はどうしたって、カットで物理的に無くさないことには付き纏ってしまう物なので…。

 

勿論、実際ご来店頂いてブリーチして見たら大丈夫だった、ということも多々あります。

ちょこっとだけ、心配性なんですよね。

99%大丈夫でも、1%でも不安要素があればそこはちゃんとご説明しておかないと。

誠心誠意向き合う、というのはそういうことなのかなって。

 

だからこそ、可能な限り出来ないですとお伝えしなくて済むように。

毎日上達し続けられるように、研鑽と鍛錬を重ねていくわけで。

 

どうかご理解頂けたらと思います。

 

 

 

閑話休題

 

 

 

知識と経験を総動員して何とか着地した前回

 

で、話を戻して。

 

前回中々な状態からスタートだったわけですが、ご希望は

 

「紫とピンクで、なるべくムラを無くして可愛くして♡」

 

という、実質ほぼお任せだったので。

 

可能な限りムラを無くして最高に可愛いピンクと紫にするために必死にがんばりました。

 

 

 

 

紫から様々なピンクへ繋がるオンブレヘア。

可愛かろう?

 

 

 

ムラの修正は色落ちで真価が問われる

 

とは言え、です。

どんなにその日綺麗な仕上がりになったとしても。

ムラが見えにくい色やスタイルというのもありますから。

本当にちゃんとムラがなくなり、綺麗な状態になっているかどうかというのは色落ちでわかると僕は思っています。

 

そもそも、僕にとってヘアカラーの仕上がりとは染めたてから色落ちして次にご来店頂くまでです。

 

色落ちしても綺麗で色落ちもデザインするHanaカラーについて
ヘアカラーで絶対に避けられない色落ち。折角綺麗な髪色になっても色落ちしたら汚くなったら悲しいですよね。避けられないからこそ、色落ちまでを想定したカラーをしています。色落ちまでデザインする僕のカラーの拘りをまとめました。

 

 

 

髪の毛は24時間365日身に纏い続ける物だから…

 

美容室に来て頂くのは、僕達が扱わせて頂くのはどんなに多くたって月1くらいですよね。

ですが、お客様自身が扱い、身に纏うのは染めたてから次にご来店頂けるまでの間毎日、ずっとなわけです。

 

染めたてが綺麗なだけでは、毎月ご来店いただく方なら1/30。

2ヶ月に一度の方であれば1/60の仕上がりでしかないと思います。

 

そうではなく、染めたてから色落ちして次にご来店頂くまで。

1ヶ月なら30/30、2ヶ月なのであれば60/60。

色落ちしても綺麗だなと思える状態である事が、僕が目指しているヘアカラーの仕上がりなのです。

 

 

 

 

ムラ修正をした2ヶ月後も、綺麗な色落ちに…!!

 

改めてこちら…、

 

ブリーチと黒染めの繰り返しで地層のようなムラになった髪の毛を均一に
ブリーチとトーンダウンを繰り返しているとどうしても出来てしまうムラ。それを可能な限り修正して綺麗な状態にするには…。

 

正直、めっちゃドキドキでした。

自分自身の知識技術経験を総動員して、なるべくムラを無くし、色落ちしても綺麗な状態を目指して施術をさせて頂きました。

けれど、0から、ヴァージンヘアから作らせて頂いた時や、ずっと僕が担当させて頂いている方と違い、矢張り読めない部分があるので。

 

っていう前置きはさておき。

 

色落ちはこうなっておりました…、

 

 

 

 

 

 

如何でしょう…?

内側の方が少し濃いめの色にしていたので、表面との差はありますが…。

問題だった、地層のようなムラは殆ど感じないくらいの状態になってくれています。

 

こういったケースの場合、残留が少なかったりヴァージンヘアだったりする根元の方が綺麗に明るくなってくれます。

その分根元の方はスッと色落ちしてしまい、毛先は残留から濁って…。

根元の方が明るく透明感があり、毛先の方が濁っている

みたいになりがちです。

 

しかし、ブリーチ時点での工夫と、最終的な仕上がりの色味を乗せる前のベースメイクをキチンとしているおかげで、

 

 

 

 

色落ちしてもいい感じに繋がって、「そういうカラーをしたのかな?」くらいな感じになってくれています。

 

 

 

これに関しては言わせて欲しい…、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

褒めて!!

 

 

 

閑話休題

 

 

 

丁寧な修正をして綺麗な色落ちで更に綺麗に自由に

 

一度出来てしまうと完璧に直すのが難しいカラーのムラですが、このように丁寧な施術をしてあげれば綺麗な色落ちを作れます。

そして、綺麗な色落ちをさせる事が出来れば、次のカラーはもっと綺麗に、そして自由に楽しい髪色に出来ます。

 

 

 

というわけで今回のオーダーは…、

 

 

 

 

 

色落ちが綺麗だからそれを活かしつつ、前回の感じに少し春っぽい要素を入れて♡

 

とのこと。

 

曰く、

「前回のピンクも紫も、あの入り方もすごく好きだったから、もう一回あの感じにして欲しい。けど、色落ちも綺麗だから勿体無い気もするし、ちょっとだけ春っぽい要素も入れたい!」

ということでした。

 

僕個人的な拘りとしては、同じものは作りたくないというのがあります。

なので、同じ雰囲気の中でガラッと変えるをテーマに…、

 

 

 

今日も今日とて途中経過を撮り忘れ…、

 

 

 

 

 

こう。

 

 

 

 

 

 

 

根元が紫、毛先に向かってピンク系は維持したまま。

全体的にちょっと明度を上げて、少しイエロー寄りにしてみました。

 

ピンクは紫寄りのものとオレンジ寄りのものがありますよね。

今回はちょいとコーラル、オレンジ寄りな感じで。

 

春ですからね。

 

で、春なので…、

 

 

 

 

こんな感じで、黄緑とか入れてみました。

 

 

 

 

全体が明るくて柔らかい感じの中に、ちらりと見える鮮やかな部分や反対色の黄緑。

そういうふわふわした中に挿す感じが、春の柔らかな空気感と鮮やかな木花感っぽいなぁって思います。

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー_full(¥25,000)+Hana式トリートメント(¥5,000)

所要時間:6h

 

 

 

ムラの修正は早期発見早期治療が大切

 

繰り返しになりますが、ブリーチと黒染めを繰り返していたり、セルフカラーや美容室を転々としたりするとムラになりやすくなってしまいます。

一度出来たムラは、ちゃんとした修正をしないとカットしない限りずっと残り続けます。

 

ちゃんとした修正とは、”ムラに見えにくい色で誤魔化す”とかではなく。

キチンと状態を理解してブリーチによって整えなければ、本当の意味での修正は出来ませんし、悪化する一方になってしまいます。

 

ムラが目立ちにくい色で誤魔化しても、色落ちするとまた浮き出てくる、そしてまた色で誤魔化す…。

それを繰り返していくうちに、どんどん毛先に染料が残留し、カラーをすればするほど、綺麗から遠ざかっていってしまいます。

 

なので、ムラが気になったらなるべく早くご相談頂けたらと思います。

こういう言い方はちょっと刺があるかもしれませんが、病と同じように早期発見早期治療がとても大切なので。

 

 

ムラと色落ちで困っている方は是非、ご予約お待ちしております。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました