1年で髪の毛はどれくらい伸びる?綺麗なホワイトヘアにするためには…

以前から何度も記事内でお伝えしておりますが、ホワイトヘアにするための最低条件は完全なヴァージンヘアであることです。

 

ではヴァージンヘアで無い場合、特に黒染めや地毛くらいの明るさのカラーをされていたなどの場合はどうすればいいのか。

ヴァージンヘアを育てていく、髪の毛を伸ばすのにはどれくらいの期間がかかるの?

といったお話をさせて頂きます。

 

 

 

【華やかで品のある髪色が派手髪】

【当たり前から一歩踏み出した面白いスタイルを】

をモットーに、東京は学芸大学駅から徒歩4分の Al Chem という美容室にてカラー技術ではなく僕の作るデザインをご提供しております。

こちらの記事や日々のブログ、スタイルページ、インスタグラムなどをご覧頂いた上、僕の理念や作るスタイルに共感頂けた方は是非LINEオフィシャルアカウントから、友達追加の上ご連絡ください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Instagram

チダハナラヂオはこちら

 

 

 

 

 

綺麗なホワイトヘアにするためには

 

記事内で何度も書いているので、ずっと読んでくださっている方には「もうええわ」って言われそうなのですけれど。

本当の純白、リアルホワイツにするためには最低条件としてヴァージンヘアであることが必須になります。

 

完全なヴァージンヘアとは、

 

・一切カラーをしていない

・一切パーマも縮毛矯正もしていない

・普段のアイロンで熱変性をしていない

 

という状態の髪の毛です。

 

何故ヴァージンヘアでないと出来ないのかというのはこちらの記事で書いておりますので是非ご覧ください。

 

ホワイトヘアやシルバー、パステルトーンにするための最低条件について
条件が整ってさえいれば、ブリーチは何回もしなくても1回で地毛からホワイトヘアにすることができます。 その条件と、何故白に出来なくなってしまうのかという理由をまとめました。

 

 

 

大体の方が髪の毛に何かしらされている

 

と言っても、今の時代ヘアカラーもパーマなども何もされていない方はかなり少ないと思います。

そうでなくたって、多くの方が日々の生活でアイロンを使っていると思います。

 

校則や社内規定などで何も出来ない方。

若しくは確固たる意思で何もしないことを貫いていらっしゃる方。

そういった方でなければ、大半の方はカラーなりパーマなりをされていたり、アイロンを使ってスタイリングをされていると思います。

 

なので、正直なことをお伝えすると、現代日本に於いて本当のホワイトヘアにできる方というのは極少数と言わざるを得ません。

 

 

 

ホワイトヘアに出来る状態にするためには…

 

とは言え、今カラーなどを何かされている方も”今すぐには出来ない”というだけで、未来永劫出来ないわけではありません。

ではホワイトヘアにするためにはどうすればいいのか…。

 

それはとてもシンプルですが、

 

ヴァージンヘアを伸ばしてく

 

これに尽きます。

 

 

 

カラーや熱の影響はずっと残りホワイトには出来なくなる

 

カラーやパーマをされていた履歴、日々のアイロンで熱変性しまったなどの髪の毛に起きた変化は、カットによって物理的に無くさないことにはずっと残り続けます。

 

縮毛矯正して毎日アイロンしているけれどホワイトブリーチしたい
「縮毛矯正をしているとブリーチは出来ない」わけではありません。しかし、縮毛矯正の影響は確実に受けます。それは何故なのか、どういった影響があるのか、そしてブリーチと縮毛矯正はどこまで両立出来るのかについて解説致します。

 

こちらの記事に書いているように、髪の毛は死滅細胞の集まりなので、一度受けたダメージが回復して元通りになるということは現在の毛髪科学に於いてあり得ません

 

ブリーチと黒染めの繰り返しで地層のようなムラになった髪の毛を均一に
ブリーチとトーンダウンを繰り返しているとどうしても出来てしまうムラ。それを可能な限り修正して綺麗な状態にするには…。

 

こちらの記事にある通り、ヘアカラーなどの履歴というのは、したらしただけ残り積み重なっていきます

 

ホワイトヘアやシルバー、パステルトーンにするための最低条件について
条件が整ってさえいれば、ブリーチは何回もしなくても1回で地毛からホワイトヘアにすることができます。 その条件と、何故白に出来なくなってしまうのかという理由をまとめました。

 

カラー履歴のある髪の毛をブリーチするとこちらの記事にある通りオレンジが残留してしまうためホワイトには出来ません。

 

縮毛矯正して毎日アイロンしているけれどホワイトブリーチしたい
「縮毛矯正をしているとブリーチは出来ない」わけではありません。しかし、縮毛矯正の影響は確実に受けます。それは何故なのか、どういった影響があるのか、そしてブリーチと縮毛矯正はどこまで両立出来るのかについて解説致します。

 

縮毛矯正や日々のアイロンの熱の影響というのは目視では判断できないのでブリーチしてみないことには断言できません

 

なので、今髪の毛にカラーやパーマなどを何かされている方がホワイトヘアを目指すのであれば、ヴァージンヘアを伸ばしていく以外の選択肢はないと言えます。

 

 

 

ヴァージンヘアを伸ばしていくのにはどれくらいの期間が必要??

 

では、そのヴァージンヘアを伸ばしていくためにはどれくらいの期間が必要になるのか。

 

ブリーチリタッチの理想的な頻度は1.5〜2ヶ月です。その理由は…
根元が伸びてきたら行うリタッチ。ブリーチでもブラウンでも理想的な頻度があり、キチンとした理由があります。

 

こちらの記事でも書いておりますが、一般的に

 

人間の髪の毛は1ヶ月に1〜1.5cm伸びる

 

と言われています。

 

 

 

1年でどれくらい??2年で…??

 

1ヶ月に1〜1.5cm伸びると言われても、どれくらいの期間が必要なのか中々ピンと来ないですよね。

なので、もう少し長いスパンで考えると…、

 

1年で12〜18cm

2年で24〜36cm

3年で36〜54cm

 

単純計算ですけれど、これくらいの長さになります。

 

 

 

具体的にどれくらいの長さ??

 

「数字で言われてもピンと来ない…。」

そうですよね。

 

なので、僕の頭で実際に測ってみます。

 

計測方法とその理由

 

但し条件として、頭頂部を基準に、頭の形に沿って計測します。

 

何故なら日本人の全頭高、頭頂部から顎(襟足)辺りまでの長さが、

 

男性で平均23.8cm

女性で平均22.8cm

 

と言われています。

 

 

しかし、これはあくまで直線でみた場合の話。

 

頭というのは変球体になっていますよね。

横から見た直線で考えてしまうと、頭蓋骨の曲線の分のズレが生じてしまいます。

 

そして、大体ですが内側よりも表面の髪の毛の方が長い”重めのスタイル”にされている方が多いです。

メンズだったり、ショートヘア、レイヤーの入ったスタイルの方の場合はまた違いますが、お客様のヘアスタイルを見ている限り、重めのスタイルにされている方の方が圧倒的に多いと感じています。

 

なので、メジャーを頭蓋骨に沿わせる形で、頭頂部の髪の毛を基準に計測します。

 

 

1ヶ月1cm伸びた場合

 

 

1ヶ月に1cm伸びた場合、このように

 

1年でこめかみ辺り

2年で耳が隠れるくらい

3年で鎖骨に届くか届かないかくらい

 

になります。

 

 

 

 

1ヶ月1.5cm伸びた場合

 

 

1ヶ月に1.5cm伸びた場合はこのように、

 

1年で耳が若干隠れるくらい

2年で鎖骨に届くか届かないかくらい

3年でバストトップに届くか届かないかくらい

 

になります。

 

 

 

意外と伸ばすのには時間がかかる

 

こちらの画像からわかる通り、髪の毛が伸びる速度というのは実は結構遅いものです。

「え、私もっと伸びていると思う!」

という方も、是非冷静に長さを測ってみてください。

勿論、人によっては異常に伸びる速度が早い方もいらっしゃると思います。

しかし概ね同じくらいの長さになっていると思います。

 

 

 

前髪のあるスタイルの方の多くが錯覚していること

 

女の子だと前髪などは1ヶ月経たないくらいで伸びてきたのが気になるという方も少なくないのではないでしょうか?

それ故に、「髪の毛が伸びる速度ってもっと早いよ!」と思われる方もいらっしゃると思います。

 

ですが、これは錯覚のようなものです。

 

というのも、例えば

 

5cmに対しての1cmと20cmに対しての1cm

 

では割合が全く違いますよね。

 

5cmに対しての1cmでは1/5。

20cmに対しての1cmだと1/20。

 

になりますよね。

ですから、同じ1cmでも全体の長さが変われば伸びた時の感じ方が変わるということなのです。

 

髪の毛は大体、全体的に1ヶ月に1〜1.5cmくらいの速度で伸びていても、前髪のある方は特に、もっと早いように感じるのだと思います。

 

 

 

ショートで○年、ミディアムで○年

 

具体的な数字と目安を踏まえた上で、今度はもう少し感覚的に。

一般的なショートやミディアムといった長さで考えると…、

 

 

ショートヘアの場合

 

 

これくらいの長さで、大体1〜1年半くらいはかかります。

 

 

 

ミディアムの場合

 

 

これくらいの長さだと、大体2年から2年半くらいはかかります。

 

 

 

セミロングの場合

 

 

セミロングの場合、大体2年半〜3年くらいはかかることになります。

 

 

 

ロング以上の長さの場合

 

 

これくらいの長さになってくると、最低でも3年以上はかかることになります。

 

 

 

綺麗なホワイトヘアにするためには根気と忍耐が必要

 

なんとなく、”1ヶ月でこれくらい伸びる”という感覚は皆さんお持ちだと思いますが、実際に数字とメジャーを使って見てみると

「髪の毛って思っていたよりも伸びるのが遅い…。」

と感じた方も多いのではないでしょうか?

 

「髪の毛白にするためだけにそんなに我慢しなきゃいけないの!?」

と感じる方もいらっしゃるかもしれません。

 

確かに、ショートでも1年以上、ロングとなれば3年くらいはかかるというのは非常に長い期間になります。

ですが、何度もお伝えしているように、現代の毛髪科学では最低でもヴァージンヘアでなければ、純白のホワイトヘアにすることは不可能と言わざるを得ないです。

 

ホワイトヘアやシルバー、パステルトーンにするための最低条件について
条件が整ってさえいれば、ブリーチは何回もしなくても1回で地毛からホワイトヘアにすることができます。 その条件と、何故白に出来なくなってしまうのかという理由をまとめました。

 

純白という色が純潔の象徴であるように、綺麗なホワイトヘアも髪の毛の純潔を護った者にのみ許される特別な髪色なのかな、と僕は思っています。

 

今現在ヘアカラーをされていたり、パーマや矯正をされていたり、日々のアイロンで熱変性をしてしまっているとホワイトヘアには出来なくなります。

しかし、それは”今すぐには不可能”というだけで。

髪の毛は生きている限り伸びて生え変わるものです。

 

なので、今髪の毛に何かしらの施術をされていたり、日々のアイロンを高温でされているけどホワイトヘアにしたいという方。

少し長くなってしまいますが、ホワイトヘアにできる状態まで丁寧にヴァージンヘアを伸ばしていきましょう。

 

 

 

中学生、高校生で卒業したら綺麗な派手髪にしたい子達は…

 

今中学生で、「高校は髪色自由を基準に学校を選ぶ」と決めている子達。

今高校生で、「卒業したら好きな髪色にするんだ!」と心に秘めている子達。

 

そういう子達は是非、今の学校に在学中は校則を守りヘアカラーやパーマなどはせずに、ヴァージンヘアを貫き通しましょう。

日々のアイロンも、高過ぎる温度だったり、髪の毛を押し潰したり無理やり引っ張るようなやり方は絶対NGですよ。

 

「今直ぐやりたくて我慢できない!」

という子もいるかもしれません。

 

しかし、ヴァージンヘアである以上に綺麗にブリーチができる状態はありません。

 

ヴァージンヘアであれば、1回のホワイトブリーチでどんな色にもできます。

 

「ホワイトヘアにするのにはブリーチ何回必要ですか?」→1回です。
ブリーチ何回もしないと白にはできないと言われたことのある方もいるかもしれませんが、ブリーチをちゃんと理解していれば日本人でも1回で出来るのです。

 

今の何もしていない髪の毛こそが、最高の状態です。

是非そのまま、もう少しだけ我慢して。

卒業したら最高に可愛い髪色にしましょう。

 

また、「もう夏休みに一回カラーしちゃって黒染めもしちゃったよ…。」

という子達も、今から伸ばしていけば卒業する頃には、殆どその部分を無くせる

かもしれません。

なので、諦めずに丁寧に伸ばし、卒業したらバッサリ切ってヘアカラーを自由に楽しみましょう。

 

 

 

 

ヴァージンヘアからなら1回のホワイトブリーチで何色でも出来る!

 

 

繰り返しになりますが、ヴァージンヘアからであれば、どんなお色もブリーチ1回で作ることができます。

 

「ホワイトヘアにするのにはブリーチ何回必要ですか?」→1回です。
ブリーチ何回もしないと白にはできないと言われたことのある方もいるかもしれませんが、ブリーチをちゃんと理解していれば日本人でも1回で出来るのです。

 

よく「ブリーチ3回以上必要」なんて言われるホワイトヘアも、普通にブリーチ1回で作れます。

 

なんなら、僕が今までブログに挙げて来た作品は全て、1回のブリーチで作っています。

 

スタイル記事
「スタイル記事」の記事一覧です。

 

こちらに乗っている作品全て、ブリーチ1回です。

 

ヘアカラーをする上で一番、最高のコンディションはヴァージンヘアであることなのです。

 

 

 

ヴァージンヘアと変わらない質感を維持するケアブリーチ

 

髪の毛は死滅細胞の集まりで、ダメージは減点法になります。

ですから、一度受けたダメージが回復することはありません。

 

縮毛矯正して毎日アイロンしているけれどホワイトブリーチしたい
「縮毛矯正をしているとブリーチは出来ない」わけではありません。しかし、縮毛矯正の影響は確実に受けます。それは何故なのか、どういった影響があるのか、そしてブリーチと縮毛矯正はどこまで両立出来るのかについて解説致します。

 

だからこそ、カラーやパーマ、縮毛矯正という必ずダメージを伴う施術をする上で大切なのは、如何にダメージを減らせるかということになります。

 

ケアブリーチはあくまで概念。ダメージレスなブリーチは技術で作るもの
「ブリーチするとダメージする」とか「ホワイトヘアはボロボロになる」なんて良く聞く話ですがキチンとした知識と技術があれば、ヴァージンヘアと変わらない艶と指通りを実現できます。

 

僕はこちらの記事で書いているように、今まで得た知識と技術と経験で

ホワイトブリーチをしてもヴァージンヘアと変わらない艶と指通りを維持するケアブリーチ

を全てのお客様にさせて頂いております。

 

 

なので「念願の髪色になったけど髪の毛がボロボロ…。」なんてことにはならないのでご安心ください。

 

しかし、既に進行してしまっているダメージは回復のさせようがありません。

なので、僕は最低限のダメージで最高の髪色にするために尽力致しますので、皆さんも必要以上に髪の毛をダメージさせないように気を付けて貰えたら嬉しいです。

 

 

 

 

ブリーチは痛くないのが当たり前

 

ダメージと同じくらい、心配なのが

「ブリーチをすると頭皮がめっちゃ痛くなる。」

という頭皮に対する心配。

 

しかしそれは、薬剤に対する知識と塗布技術さえあれば回避できます。

 

ブリーチは滲みて痛いもの?滲みない痛くないHanaのブリーチ技術
ブリーチすると滲みたり痛いのは当たり前??いいえ、滲みないし痛く無いのが当たり前です。 そのために僕が拘っている事についてまとめたので是非ご覧ください。

 

こちらの記事に書いている通り、

僕のブリーチはゼロテクという、極力頭皮に付けずに根元ギリギリから塗布する方法を全てのお客様に行っています。

 

ブリーチをして耐えられないほど痛いということもありません。

なんなら、滲みることも殆どありません。

 

なので、「ブリーチしたいけど滲みるのが心配…。」という方もご安心ください。

 

 

 

髪の毛を伸ばしていく上で気を付けて欲しいこと

 

最後に、ヴァージンヘアを伸ばしていく上で気を付けて欲しいことをご紹介します。

 

食生活

 

これが先ず大事です。

髪の毛がどこから生えてくるかと言ったら当然、頭皮の内側からですよね。

その髪の毛を作るための成分というのは、日々の食生活で摂取した栄養素達が元になります。

 

なので、食生活が荒れていると生えてくる髪の毛にも影響します。

逆に、食生活を改善することで健康的な髪の毛が生えてくるようにもできます。

 

勿論、持病があったり体質による部分も大きいとは思います。

けれど、健康な身体のためには先ず食生活が大事になることは言わずもがな。

 

よくある「〇〇が髪の毛にいい食べ物!」なんてことは言いません。

キチンとした食生活をする。

お肉お魚お野菜など、バランス良く食べて、ジャンキーなものは程々に。

 

お菓子やファーストフードが絶対ダメなんてことは言いません。

何かに偏りすぎないように、一般的に良いと言われるものは満遍なく。

ちょっと身体に良いとは言えないものは程々にしましょう。

 

 

 

睡眠

 

これも、食生活と同じように非常に大切になります。

睡眠不足になれば、髪の毛だけでなくお肌だって荒れてしまいますよね。

 

これもまた、「○時間以上寝ましょう!」とは言えません。

睡眠の専門家でもないですし、人によって丁度良い睡眠時間は異なります。

睡眠の質というのにも寄りますよね。

 

なので、兎に角キチンとした睡眠を取るというのが大切です。

 

食生活と併せて、つい忘れがちなことですが、基本的なことがなんにしても大切です。

 

健全な肉体に健全な髪の毛は生えてきます。

 

 

 

その他普段の生活に於いて気を付けて欲しいこと

 

食生活や睡眠といったつい忘れられがちなことを気を付けて頂いた上で。

日々の生活で髪の毛を扱う上で気を付けて頂きたいことは、

 

ブリーチしている方必見!ご自宅で行って欲しい最低限のケアまとめ
ただでさえダメージを伴うブリーチ。だからこそ、ご自宅での扱い方には気を付けて欲しいと思います。ブリーチ専門カラリストの僕が推奨するホームケアの方法をまとめましたので是非ご覧ください。

 

こちらの記事にまとめております。

 

色々ポイントが多いですが、ご自宅で髪の毛を扱う上での基礎になることしかまとめておりませんので、是非御一読ください。

また、たまに読み返してちゃんとできているかなと再確認して貰えたら最高です。

 

 

 

まとめ

 

長くなりましたが、髪の毛を伸ばすというのはとても時間のかかることになります。

ですが、綺麗なヴァージンヘアは真っ黒でありながら、ヘアカラーをする上では真っ白なキャンパスと言えます。

 

勿論、ヘアカラーやパーマをしていたからと言ってブリーチができないわけではありません。

ですが、ホワイトヘアにする、ホワイト領域のベースが必要なシルバーやパステルカラーにするのであれば、ヴァージンヘアであることが必須になります。

 

なので、今カラーやパーマなどをされている方でホワイトヘアにしたいと思っている方は丁寧に伸ばして頂けたらと思います。

また、今中学高校に通っている子達はこの記事を参考に、来たる髪色の自由を手に入れられるその日まで、焦らずヴァージンヘアを維持して貰えたらと思います。

 

ヴァージンヘアからであれ、カラー履歴があっても。

今の状態から出来る、可愛い格好いいだけではない、毎日が楽しくなるような髪色にさせて頂きますので、是非ご相談ください。

 

 

コメント

  1. […] 1年で髪の毛はどれくらい伸びる?綺麗なホワイトヘアにするためには…髪… […]

  2. […] 1年で髪の毛はどれくらい伸びる?綺麗なホワイトヘアにするためには…髪… […]

タイトルとURLをコピーしました