黒髪からブリーチ1回で作るジャスミンのドレスのようなグリーンヘアとポイントレインボー

就活や進学等の関係で止むを得ず一時的に黒染めや暗染めをしなければならない時ってありますよね。

 

その後、また明るくしたいとなったら…。

今日はそういう時にオススメのスタイルのお話です。

 

 

 

 

【華やかで品のある髪色が派手髪】

【当たり前から一歩踏み出した面白いスタイルを】

をモットーに、東京は学芸大学駅から徒歩4分の Al Chem という美容室にてカラー技術ではなく僕の作るデザインをご提供しております。

 

初めて僕のブログをご覧下さった方は必ずこちらのページを御一読下さい。

 

【初めましての方必読】ブリーチ専門カラリストHanaのカラーについて
東京の学芸大学駅徒歩4分の美容室Al Chemでブリーチ専門カラリストをしているHanaのヘアカラーに対する拘りや大切にしていることをまとめた記事です。初めましての方は是非こちらをご覧ください。

 

 

・Hanaのブリーチ技術について

・ホワイトヘアにするための条件

・何故1回のブリーチで白く出来るのか

・そもそもホワイトブリーチやケアブリーチって?

・どれくらいダメージするの?

・ブリーチってやっぱり染みて痛いものなの?

 

といった、僕のブリーチに関する基本的な内容や、よくある質問はこちらの記事に纏めておりますので、こちらも是非ご覧ください。

 

【綺麗に・ダメージを抑えて・滲みない痛くない】ヴァージンヘア(黒髪)から1回でホワイトにもできるHanaのブリーチ技術
毎日のようにホワイトブリーチをさせて頂いている僕が、今までに書いたホワイトブリーチや、僕の基本的なブリーチ技術にまつわる記事のまとめです。1回でホワイトヘアに出来る理由やダメージレスな技術、滲みない塗布など様々な記事の総集編なので是非ご覧ください。

 

 

これらの記事をお読み頂いた上、日々のブログ・スタイルページ・インスタグラムなどをご覧頂き、【僕の理念や作るスタイルに共感頂けた方】は是非、記事の一番下のLINEオフィシャルアカウントから、友達追加の上ご連絡ください。

 

LINEでのご予約手順はこちら

 

LINEでのご予約の手順と事前カウンセリングについて
ご予約は必ずLINEにて 僕のカラーのご予約は、LINEでのみ承っております。 何故なら、こちらの記事でも書いております通り、ヘアカラーをする上でカラーやパーマ・矯正の履歴や、普段のアイロンの頻度や温度が非常に重要になってく...

 

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Instagram

チダハナラヂオはこちら

Al Chem オンラインショップはこちら

Al Chem Online Store powered by BASE
美容室Al Chemのオンラインストア

 

 

 

 

黒染めや暗染めをした後明るくしたい時に生じる問題点

 

就活や進学等の関係で止むを得ず一時的に黒染めや暗染めをしなければならず、その後また明るくしたいとなった時。

「黒染めをすると明るくなりにくい。」

という話は良く聞きますよね。

 

では具体的に何が問題になってくるのかと言うと、主にその理由は2つあります。

 

 

 

①染料が残留してしまう

 

先ず何よりもこれですよね。

染料が残留してしまうことに関しては、もういくらでも言われていることなので態々言うことでもないかもしれませんが…。

 

 

 

黒染め履歴有り
「黒染め履歴有り」の記事一覧です。

 

これらの記事や、

 

ホワイトヘアやシルバー、パステルトーンにするための最低条件について
条件が整ってさえいれば、ブリーチは何回もしなくても1回で地毛からホワイトヘアにすることができます。 その条件と、何故白に出来なくなってしまうのかという理由をまとめました。

 

こちらの記事で書いている通り、黒染めや暗染めをしていると”暗いと言う状態”を作るために必要な暗くて濁ったオレンジ味の赤が残ってしまいます。

 

色味によっては黒染めや暗染めをしていても出来るものもあります。

ですが、例えば白は勿論、白っぽい色、シルバー、パステルトーンなどはかなり難しく、不可能な場合が殆どと言わざるを得ません。

 

なので、しなくて済むならしないに越したことは無いわけで。

 

 

 

②黒染めや暗染めをする前の履歴次第でブリーチできないことも

 

もう1つの問題は、黒染めや暗染めをする前の履歴がどうであったか。

 

例えば、

 

・7レベルくらいの暗いブラウンにしていただけのところに黒染め

 

・18.5lvくらいのホワイト領域にしていたところに黒染め

 

この2つは、同じ黒染めをした髪の毛であっても、その髪の毛に蓄積されているダメージ度合いが全然違いますよね。

 

ケアブリーチはあくまで概念。ダメージレスなブリーチは技術で作るもの
「ブリーチするとダメージする」とか「ホワイトヘアはボロボロになる」なんて良く聞く話ですがキチンとした知識と技術があれば、ヴァージンヘアと変わらない艶と指通りを実現できます。

 

僕がさせて頂いているブリーチは、可能な限りダメージを抑えブリーチをする前と変わらない艶や指通りを実現しています。

とは言え髪の毛の内部の状態としては、矢張りそれ相応のダメージが蓄積されます。

 

ですから、どれだけダメージを抑えてブリーチしていたとしても、ホワイトブリーチや縮毛矯正などでダメージが蓄積されている髪の毛に黒染めをしてしまうと、その後黒染めを落とすためのブリーチをすることは出来なくなってしまいます

 

 

 

黒染めした後にブリーチして綺麗な髪色にしたい時にオススメの方法は…

 

僕のお客様で黒染めや暗染めをされた方は矢張り、元々ブリーチをされていたりしてダメージが蓄積されている方が多いです。

ですから、ブリーチ部分に残留している染料を落とすことは非常に難しくなってしまいます。

 

ではそういった方々はどうするのか。

これは、2つの方法があります。

 

 

 

①伸ばして切って、無くなるまで待つ

 

根元から毛先まで綺麗にブリーチして好きな色にしたい場合、これ以上にいい方法はありません。

 

勿論、ダメージ度合いによっては黒染めや暗染めをしていた部分にブリーチをすることもできますが、ホワイト領域などにしていると流石に出来なかったりします。

また、仮にブリーチが出来たとしても、染料の残留の関係上出来るお色が限られたり、どうしても濁ったりしてしまいます。

 

ですから、根元から毛先まで綺麗に明るく、好きなお色にしたいとなったら”伸ばして切って、黒染め部分がなくなるまで待つ”に越した頃はありません。

カットは最高の髪質改善ですから。

 

 

 

具体的にどれくらいの期間がかかるの…?

 

では、伸ばして切ってを繰り返し、黒染めや暗染めをした部分が無くなるまで具体的にどれくらいの期間がかかるのか…。

 

1年で髪の毛はどれくらい伸びる?綺麗なホワイトヘアにするためには…
髪の毛を伸ばしていくのにはどれくらいの期間がかかるのか。ホワイトヘアの最低条件であるヴァージンヘアに髪の毛が生え変わるために必要な期間を長さごとにまとめ、綺麗に伸ばしていくために気を付けて頂きたいことをまとめました。

 

こちらの記事で、僕も身体を張って何年でどれくらい伸びるのかを書いております。

 

ざっくり言うと、

 

耳にかかるくらいのショートで1年

鎖骨にかかるくらいのミディアムで2年

胸下くらいのロングで3年

 

といった感じで、ショートであっても黒染めや暗染めをしていた部分が無くなるまでには年単位の期間が必要になってきます。

 

 

 

そのための対策・準備をしておくのが一番

 

…でも、そんなに長い期間は待てない方もいらっしゃいますよね。

 

特に大学生の方だと、

 

就活前に黒染めして、4年生の夏くらいに就活が終わって

10月くらいにある内定式までちょっと髪色が自由になって

内定式でまた暗くして

卒業式まで自由になるし、卒業式は最後に楽しみたい!

 

みたいな。

勿論、人によってそれは様々だと思いますが、この流れの方を数多く見てきました。

 

この流れに沿って

 

就活前に黒染めして、4年生の夏くらいに就活が終わって

10月くらいにある内定式までブリーチして髪色で遊んで

内定式でまた暗くして

卒業式までまた遊んで…。

 

としようとすると、どうしたってダメージも染料も蓄積されます。

肝心の卒業式に好きな髪色にできないどころか、そもそも内定式後には何もできないなんてことにもなってしまいます。

 

でも、人によって様々とは言え、こういった流れって大筋としては大体一緒。

つまり、こういう流れになることは火を見るより明らかなわけですよね。

 

ですから、就活後の最後の自由な期間で髪色を楽しみたいのであれば、それ相応の対策と準備をするべきだと僕は思います。

 

【学生さん必見】好きな髪色を綺麗にするために考えて欲しい期間
僕のお客様の半分くらいは学生さんが占めますが、学生さんの多くは既に就職し働いている社会人の方と違い、髪色の自由が確約されていませんよね。 既に働いていて僕が普段させて頂いているようなカラーがOKなのであれば、基本的にこれからも問題なく...

 

その具体的な方法は、こちらの記事に詳しくまとめております。

学生さんには是非一度読んで頂きたい内容になりますので、こちらも是非ご覧下さいませね。

 

 

 

ホワイトブリーチしていたところに黒染めや暗染めをしていた部分がまだ残っているけど楽しい髪色にしたい!

 

と、ここまでは理想論。

理想としては、黒染めや暗染めをしなければならないイベントが待ち構えているのならそれに対する対策・準備をするべきでしょう。

 

ですが、人生色々ありますから。

突発的に黒染めや暗染めをしなければならない時もありますよね。

 

そんな時にオススメのスタイル…。

 

やっと今日の本題でございます。

 

 

 

黒染めから約8ヶ月、ブリーチしてジャスミンのドレスのようなグリーンとポイントで遊びたい!

 

というわけで今回のお客様。

 

就活の関係で去年の12月頃に黒染め。

それから約8ヶ月。

根元のヴァージンヘアは大体10cm強伸びていて、毛先は以前していたホワイトブリーチに黒染めをしていたためこれ以上ブリーチは出来ない状態

 

なのですが!

 

ディズニープリンセスのジャスミンが着ているドレスのような明るいグリーンに、ポイントで遊んで欲しい!

 

というのが今回のオーダー。

 

 

 

ジャスミンドレスのグリーンは、かなり明るいベースが必要

 

ではその、ジャスミンのドレスのようなグリーンを作るには。

 

あれって、結構明るく(薄く)て濁りのない青味の緑です。

となると、髪の毛のメラニン色素が残って黄色味が強い明るさだと、どうしてもメラニン色素の黄色味に引っ張られて黄緑っぽくなってしまいます。

ベースメイクをしてしまうと、どうしても多少透明感が薄れてしまいます。

 

ですから当然、ホワイト領域のベースが必要になってきます。

 

 

 

ハイダメージと黒染め履歴がある中でオーダーを叶えるデザインは…

 

ご希望のお色を叶えるためにはホワイト領域のベースが必須なわけですが、毛先はホワイト領域まで持っていくには耐えられないくらいのダメージ度合い。

 

 

 

そんな時はどうするのか…。

 

 

 

僕は、こうします。

 

 

 

 

 

 

黒染め履歴がある部分には一切触れず、根元のヴァージンヘアだけをブリーチします。

そう、毛先に黒を残すスタイルです。

 

勿論、好みが分かれるスタイルだと思いますが、ご希望のお色を叶えつつダメージを最小限に抑えるのなら、鉄板のスタイルだと僕は思います。

 

 

 

オンカラーして仕上げるとこうなる

 

で、長くなったので諸々すっ飛ばして。

 

オンカラーして仕上げるとこうなります。

 

 

 

 

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

ジャスミンドレスをイメージした緑にポイントでレインボーです。

 

 

 

 

 

実は襟足の方にも…、

 

 

 

 

 

 

レインボーを仕込んでいます。

 

 

 

こういうスタイルも、可愛いでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー_full(¥25,000)+Hana式トリートメント(¥5,000)

所要時間:6h

 

 

 

といった感じで。

黒染めや暗染めは勿論、履歴によっては出来ないことが出てきてしまいます。

しかし、それを受け入れた上でスタイルを考えてあげればダメージを最小限にご希望のお色にすることもできます。

 

なので、そういった履歴があっても一度ご相談頂けたらと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました