どんな青もブリーチ1回で作れるHanaの青系カラーまとめ

僕のお客様からのオーダーでホワイト系や紫系と並んで多いのが青系の髪色。

 

紫みのある青は落ち着いた印象やミステリアスな印象を。

緑みに振れば明るく溌剌とした印象にもなってくれる青系の髪色。

 

今回は僕が今までに作らせて頂いた青系の髪色のまとめです。

 

 

 

 

【華やかで品のある髪色が派手髪】

【当たり前から一歩踏み出した面白いスタイルを】

をモットーに、東京は学芸大学駅から徒歩4分の Al Chem という美容室にてカラー技術ではなく僕の作るデザインをご提供しております。

こちらの記事や日々のブログ、スタイルページ、インスタグラムなどをご覧頂いた上、僕の理念や作るスタイルに共感頂けた方は是非LINEオフィシャルアカウントから、友達追加の上ご連絡ください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Instagram

チダハナラヂオはこちら

Al Chem オンラインショップはこちら

Al Chem Online Store powered by BASE
美容室Al Chemのオンラインストア

 

 

 

 

青系の髪色についての基本情報

 

作品紹介の前に。

青系の髪色にしたいとなった場合、どれくらいの明るさが必要なのか、ブリーチ何回必要なのかといった基本情報から。

 

 

 

青にするために最低限必要な明るさ

 

青系の髪色にしたいとなった場合、必然的にブリーチをすることになります。

ご希望の染まり上がり、色落ちしたときの状態次第にはなりますが、最低限イエロー領域のベースがあれば作ることができます。

 

 

 

 

 

 

青系の髪色にしたときの色落ちは??

 

青系の髪色にした場合の色落ちも、

 

・ブリーチ時点でのベースとなる明るさ

・青の色味

・使用薬剤

 

によって変わります。

 

 

 

イエロー領域のベースに青にした場合の色落ち

 

所謂普通のカラー剤・アルカリカラーで染めた場合は大体ベージュっぽくなりますが、カラートリートメントなどと呼ばれる塩基性カラーやHC・酸性カラーなどは、イエロー領域のベースに塗るとどうしても緑っぽくなりやすいです。

 

 

 

 

 

ホワイト領域のベースの色落ち

 

ホワイト領域までブリーチしていると、基本的に邪魔をする黄色がいないため、

アルカリカラーの場合はシルバーっぽい色落ちを、塩基性などの場合は染めたてのお色がそのまま薄まっていく色落ちをしてくれます。

 

 

 

 

僕のホワイトブリーチは痛くない上ツヤサラのまま1回でホワイト領域のベースを作れる

 

ホワイト領域のベースを作るとなると、

 

「ブリーチ何回も必要なんじゃないの??」

「髪の毛ボロボロになるんじゃない??」

「凄く滲みて痛そう…。」

 

と思われる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、ブリーチの原理原則を正しく理解していれば、

 

「ホワイトヘアにするのにはブリーチ何回必要ですか?」→1回です。
ブリーチ何回もしないと白にはできないと言われたことのある方もいるかもしれませんが、ブリーチをちゃんと理解していれば日本人でも1回で出来るのです。

 

1回のブリーチでホワイト領域のベースを作ることだってできますし、

 

ケアブリーチはあくまで概念。ダメージレスなブリーチは技術で作るもの
「ブリーチするとダメージする」とか「ホワイトヘアはボロボロになる」なんて良く聞く話ですがキチンとした知識と技術があれば、ヴァージンヘアと変わらない艶と指通りを実現できます。

 

ヴァージンヘアと変わらない艶と指通りを維持できます。

 

ブリーチは滲みて痛いもの?滲みない痛くないHanaのブリーチ技術
ブリーチすると滲みたり痛いのは当たり前??いいえ、滲みないし痛く無いのが当たり前です。 そのために僕が拘っている事についてまとめたので是非ご覧ください。

 

滲みる理由を分かっていれば、ホワイトブリーチをしても滲みたり痛くなることはありません

 

ただし、本当に綺麗なホワイト領域のベースを作るには、ヴァージンヘアに近い状態であればあるほど容易になり、履歴が複雑であればあるほど難しく、不可能になっていきます。

 

ホワイトヘアやシルバー、パステルトーンにするための最低条件について
条件が整ってさえいれば、ブリーチは何回もしなくても1回で地毛からホワイトヘアにすることができます。 その条件と、何故白に出来なくなってしまうのかという理由をまとめました。

 

こちらの記事にあるような純白を目指すわけでなければ、多少のカラーやパーマくらいであれば問題なくできます。

しかし、黒染めや暗い茶色に白髪染め、ヘアマニキュアといった残留しやすい染料を多く含んでいるカラーをされていたり、

 

地毛くらいの暗さまでトーンダウンした髪の毛をホワイトにしたい
そいつぁ〜無理だぁぁぁ〜〜〜。 【華やかで品のある髪色が派手髪】 【当たり前から一歩踏み出した面白いスタイルを】 をモットーにカラー技術ではなく僕の作るデザインをご提供しております。 ...

 

縮毛矯正や普段のスタイリングで過度な熱が加わっているとできない場合も多々あります。

 

縮毛矯正して毎日アイロンしているけれどホワイトブリーチしたい
「縮毛矯正をしているとブリーチは出来ない」わけではありません。しかし、縮毛矯正の影響は確実に受けます。それは何故なのか、どういった影響があるのか、そしてブリーチと縮毛矯正はどこまで両立出来るのかについて解説致します。

 

ブリーチする前に気をつけて欲しいアイロンの温度と使い方
ブリーチをするにあたり、黒染めや暗いブラウンをしていると染料が残留し明るくなりにくくなってしまったり、縮毛矯正をしているとダメージで明るくしきれなくなってしまう場合があることはよく耳にしますよね。 僕のブログでも、そういった記事はいく...

 

今そういった履歴がある方は、申し訳ありませんが今すぐにホワイト領域のベースを作ることはできません。

けれど、これから丁寧にリタッチとカットを繰り返しつつ、ご自宅でのケアもご協力頂ければ、年単位の期間が必要になりますが、綺麗な髪の毛を整えていくことができますのでご相談ください。

 

 

 

Hanaの青系カラー総集篇

 

 

 

というわけで、僕が今までに作らせて頂いた紫系カラーをいくつかご紹介していきます。

記事にしている作品に関してはそのリンクも載せております。

詳しい履歴などについてはここの記事内で書いておりますので、是非合わせてご覧ください。

 

 

 

オーロラをイメージしたブルー系カラー

 

 

【過去作】オーロラカラー的なそういうの
過去作的な記事の枕をどうするか、毎度悩みます。 何書こうかなーって。 って、悩んでるよーって書けばちょっと埋まったのでこのままいきますね。 【華やかで品のある髪色が派手髪】 【当たり前...

 

僕のお客様からのオーダーで多い、自然界のものをイメージしたカラー。

動植物や自然現象、風景などの画像を送って頂く事が多いのですが、こちらはオーロラをイメージした感じで。

 

 

 

ホワイトブリーチしててもツヤツヤなブルーヘア

 

 

Hana式ケアブリーチで作るツヤッツヤなブルーヘアは如何ですか?
何度でも言いますが、ケアブリーチは概念です。 ケアブリーチという商材があるわけでも、技術があるわけでもありません。 というか、ケアブリーチほど胡散臭い言葉はないと思うんです。 【華やかで品の...

 

ホワイトブリーチをしても、僕のブリーチであればここまで艶が出せます。

勿論それは見せかけの艶ではなく、髪の毛の芯から生まれる艶。

指通りもサラサラで、本当にブリーチしたのかと思うくらいの質感を作れます。

 

お色は青紫をベースに、青系のお色をふんだんに盛り込みました。

 

 

 

ローライトを織り交ぜた青系カラー

 

 

ローライトが入るからこそ引き締る、派手髪にこそローライトを。
ケアブリーチ的な薬剤が台頭してきてから早数年。 街を歩いていると以前よりもずっと、明るい髪色や鮮やかな髪色を身に纏っていらっしゃる方が増えたなと感じます。 けれど、そういった髪色が増えてくると、今度は全体的にボケた感じになってい...

 

青や紫って、一見暗めに見えるお色です。

しかし、ブリーチをしている分どうしても光の透過率が上がるため、単色や原色のみで作るとふわついた印象になってしまいがちです。

そこにバシッと黒のローライトが入ると、一気に引き締まった印象になってくれるので、普通のハイトーンに飽きてきた方にはオススメです。

 

 

 

地毛を伸ばしていく過程で作られるナチュラルグラデーション

 

 

暫くリタッチに行けなくて、黒髪が伸び過ぎてしまった時は…
先日、こちらの記事でリタッチの理想的な周期は1.5〜2ヶ月くらいですよとお伝えしておりました。 この記事の中で、3〜4ヶ月伸びてしまた場合は…ということにも触れておりましたが、更に長い期間リタッチに行けなかった場合どう...

 

こちらの方のグラデーションはそういう風に作ったわけではなく、黒髪を伸ばしていく過程で自然に作られたナチュラルグラデーションです。

このままでも勿論可愛いですし、ここにハイライトを入れてあげると最近よく見るようなハイライトオンオンブレみたいな感じで可愛くなってくれます。

 

 

 

1年ぶりのブリーチからの青系カラー

 

中々お店に行くのが難しい時はこういう工夫で切れ毛ゼロのリタッチに
様々な理由で理想的な周期でリタッチできないこともありますよね。そういう時は、ブリーチをちょっと工夫しておくと次にブリーチする時に切れ毛ゼロで、ツヤサラなまま綺麗にブリーチできます。

 

こちらの方は先ほどの方とは逆に1年ぶりにリタッチをしにご来店頂いたお客様。

どうしてもご来店頂けるスパンが長くなりがちな方は、ブリーチで明るくしすぎなければ次のご来店時の切れ毛などのリスクを減らすこともできます。

勿論、一番理想的なのは1.5〜2ヶ月のペースですが、難しい場合はそれを踏まえたご提案をさせて頂きますので遠慮なくご相談ください。

 

 

 

大人世代も好きな髪色に。大人のハイトーンカラー。

 

 

いくつであっても好きな髪色を身に纏いたい!そのために考えるべきこと
”派手髪”というと若い子がする髪色だと思われがちですけれど、大人世代だって明るい髪色や鮮やかなお色にしてはいけないなんてことはないと思います。けれど、矢張り”ご年齢にあった作り方”というのもあって。でも、それさえ抑えてあげれば、ご年齢に関係なく好きな髪色を身に纏えると思うのです。

 

僕のお客様は10〜20代くらいの方が多いのですが、こちらのお客様はそれよりもずっと上の世代の方。

ですが、”好き”を楽しむことに年齢なんて些末な問題だと僕は思います。

勿論、若い世代と大人世代を同じように作ってしまうと違和感が生じてしまいます。

けれどそれにさえ気をつければ、幾つになっても自分が好きだと思う髪色を好きに楽しんで頂けると思いますし、楽しんで頂けたらなって思うんです。

 

 

 

白髪染めのブラウンの中にネイビー

 

 

白髪があっても明るくできるし色味も楽しめるHana式ブラウン
”白髪染め・オシャレ染め”みたいな謎の区分ありますよね。 確かに、白髪って黒髪と同じように染めようとすると、色が入らず浮いてしまうこともあります。 しかし、白髪を染めるための原理原則が分かっていれば、所謂オシャレ染めと変わらない...

 

ほんの僅かですが目立つところに白髪が出始めてきたこちらのお客様。

けれど僕は、だからと言って暗い白髪染めには絶対にしません。

どれだけ白髪が増えたとしても、黒髪の時と同じようにヘアカラーを自由に楽しんで頂きたし、そのために知識と技術があるから。

今回は表面をナチュラルな赤みの少ないブラウンに、インナーはネイビーにさせて頂きました。

 

 

 

夜桜をイメージした毛先に闇夜の青を使った髪色

 

 

桜は桜でも夜桜をイメージしたカラーってのもいいよねって話
基本的に「〇〇って話」ってタイトルの記事は、ほぼ駄弁りです。 何となく読んでくれたら嬉しいです。 Twitterで拡散してくれたら歓喜乱舞です。 【華やかで品のある髪色が派手髪】 ...

 

3〜4月は桜の季節だからか、ピンク系のカラーが増えます。

ずっと桜をイメージしたオーダーでピンクにする事が続いてたときに、

「桜インスパイアで完全お任せで!」

というオーダーを頂いたので、ピンク成分少なめな夜桜イメージカラーにさせて頂きました。

 

 

 

 

紫みのブルーの中をカラフルにしたアレンジしたくなる髪色

 

 

ヘアアレンジをしたくなるようなインナーカラーを作った話
インナーカラーって良いですよね。 ボブなどの重めなスタイルであればチラリと見えるのが可愛いですし、ウルフのような軽めのスタイルであればグラデーションカラーのような見え方をしてくれて格好いいです。 髪型によってその印象が変わるとい...

 

表面にあたる部分をブルーに。

インナー部分にブランク(色を塗らない部分)を残しながらランダムカラフルにしたこちらのお客様。

ブルーの艶とインナーのパステルな色合いが綺麗な飴玉のように見えるスタイルです。

 

 

 

黒染めからのブルーバイオレット系カラー

 

 

黒染めしても派手髪には出来る!黒染め履歴を活かしたグラデーション
少し前までは大分減ったなと思っていたのですが、 最近また少しづつ増えてきた黒染めしてるけど明るくしたいというオーダー。 よく「黒染めをしてしまうと次にカラーする時に希望の色にできなくなる」とか、下手したら「明るくできない」とまで言われ...

 

バイオレットのまとめ記事でも触れましたが、黒染めをしていてもこういった所謂派手髪にできる場合もあります。

ダメージレベルがどれくらい進んでいるかと、ブリーチでどこまで明るくできるか残留を取れるかの出たとこ勝負にはなりますが、可能な限りご希望に近づけられるようには致しますので、是非ご相談ください。

 

 

 

セルフブリーチ×8からの黒染め、からのブリーチでハイダメージ毛からの…

 

 

セルフブリーチ8回×黒染めからの全体ブリーチから可能な限り可愛く
僕のお客様をざっくり分けると ・ホワイトブリーチ(ホワイトヘア)希望の方 ・僕の作るデザインを気に入ってくださっているほぼお任せの方 のどちらかでほぼ全てなのですが、たまにブリーチのし過ぎやブリーチと黒染め...

 

超ハイダメージ状態でご来店されたこちらのお客様。

可能な限り「出来ません」とはお伝えしたくないのですけれど、本当にどうしようもない場合も多々あります。

そういう時は、それはそれとして受け入れて、その中で可能な限り少しでも可愛い髪色を作れたらな、って思うんです。

 

 

 

ツイステッドワンダーランドのオクタヴィネル寮をイメージした髪色

 

 

ツイステッドワンダーランドをイメージした髪色を作ったよって話
”ディズニー×枢やな”で話題のソーシャルゲーム「ツイステッドワンダーランド」をイメージしたヘアカラーをさせて頂きました。こういった一般的には特殊と言われるような髪色を作る時の僕のプロセス等を書いておりますので是非ご覧ください。

 

 

 

 

ツイステッドワンダーランドイメージカラーが増えてるって話
僕のカラーのオーダーの多くは絵とか風景とか動植物が多いのですが、たまにアニメのキャラクターだったりその世界観をイメージしたカラーのオーダーを頂きます。 その中でも最近増えてきたのは、ツイステッドワンダーランドをイメージしたカラー。 ...

 

今流行の枢やなさんがキャラデザなどをされているディズニー公式ソシャゲ”ツイステッドワンダーランド”のオクタヴィネル寮をイメージしたカラー。

2.5次元カラーとかを売りにしているわけではありませんけれど、僕もちゃんとオタクなので作品の世界観をイメージした髪色にして欲しいと言われれば喜んで作らせて頂きます。

 

 

 

ホワイト×水色のちょーかわいーなカラー

 

 

ブリーチとホワイトブリーチの違いって??何回で髪は白くできるの?
ホワイトブリーチと普通のブリーチの違いって??ホワイトヘアにするにはブリーチ何回必要なの?という疑問にお答えする記事です。

 

青の中でもかなり作る事が難しい”明るくて淡い黄色味の青”。

つまり水色ですね。

明るくて淡い、の部分を叶えるためには色の混ぜ方ではなく、それ以前のブリーチでキチンと必要な明るさのベースが作れているかが大切になります。

僕にお任せ頂ければヴァージンヘアと変わらない艶と指通りのまま、ホワイト領域のベースを作れるので、こういった明るく淡いお色もお任せください。

 

 

 

ブルーとバイオレットの中に極彩色を仕込んだサイケデリックカラー

 

 

サイケデリックな髪色の作り方〜Hana式サイケデリックカラー〜
髪色のデザインを考えるときは、よく動植物や風景や絵などを元に考えたりすることが多いです。 他の美容師さんが作られた髪色を真似して作るということは殆どありません。 ですが、僕が敬愛する美容師さんのデザインはあります。 今日は...

 

ブルーとバイオレットのなかに、サイケデリックっぽい柄をイメージしたインナーを仕込んだこちらのお客様。

青や紫と極彩色の対比で、毒々しさがマシマシです。

 

 

 

最後に…

 

如何でしたか?

青系といっても色々な青がありますし、ベースの明るさ次第では様々な色落ちをさせられます。

単色は勿論、どんなお色と合わせても楽しい髪色になってくれると思います。

「青系でお任せ!」といったオーダーも喜んで承りますので、是非ご相談ください。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました