黒髪からブリーチ1回で作る空条徐倫をイメージしたグリーンヘア

久しぶりのアニメや漫画のキャラクターをイメージしたカラーです。

キャラクターの髪色そのままってのはあまり僕は作りませんが、全体のイメージから作らせて頂くことはあります。

今日はその時に僕が気を付けていることをば。

 

 

 

【華やかで品のある髪色が派手髪】

【当たり前から一歩踏み出した面白いスタイルを】

をモットーに、東京は学芸大学駅から徒歩4分の Al Chem という美容室にてカラー技術ではなく僕の作るデザインをご提供しております。

 

初めて僕のブログをご覧下さった方は必ずこちらのページを御一読下さい。

 

【初めましての方必読】ブリーチ専門カラリストHanaのカラーについて
東京の学芸大学駅徒歩4分の美容室Al Chemでブリーチ専門カラリストをしているHanaのヘアカラーに対する拘りや大切にしていることをまとめた記事です。初めましての方は是非こちらをご覧ください。

 

 

・Hanaのブリーチ技術について

・ホワイトヘアにするための条件

・何故1回のブリーチで白く出来るのか

・そもそもホワイトブリーチやケアブリーチって?

・どれくらいダメージするの?

・ブリーチってやっぱり染みて痛いものなの?

 

といった、僕のブリーチに関する基本的な内容や、よくある質問はこちらの記事に纏めておりますので、こちらも是非ご覧ください。

 

【綺麗に・ダメージを抑えて・滲みない痛くない】ヴァージンヘア(黒髪)から1回でホワイトにもできるHanaのブリーチ技術
毎日のようにホワイトブリーチをさせて頂いている僕が、今までに書いたホワイトブリーチや、僕の基本的なブリーチ技術にまつわる記事のまとめです。1回でホワイトヘアに出来る理由やダメージレスな技術、滲みない塗布など様々な記事の総集編なので是非ご覧ください。

 

 

これらの記事をお読み頂いた上、日々のブログ・スタイルページ・インスタグラムなどをご覧頂き、【僕の理念や作るスタイルに共感頂けた方】は是非、記事の一番下のLINEオフィシャルアカウントから、友達追加の上ご連絡ください。

 

LINEでのご予約手順はこちら

 

LINEでのご予約の手順と事前カウンセリングについて
ご予約は必ずLINEにて 僕のカラーのご予約は、LINEでのみ承っております。 何故なら、こちらの記事でも書いております通り、ヘアカラーをする上でカラーやパーマ・矯正の履歴や、普段のアイロンの頻度や温度が非常に重要になってく...

 

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Instagram

チダハナラヂオはこちら

Al Chem オンラインショップはこちら

Al Chem Online Store powered by BASE
美容室Al Chemのオンラインストア

 

 

 

 

空条徐倫をイメージしたグリーンヘア

 

というわけで、今日は早速仕上がりをば。

 

 

 

 

こんな感じ。

深みがありくすんだ青みの緑と、ちょっとくすんだ明るい黄緑。

 

 

 

空条徐倫 - Google Search

 

Google先生に聞いてみると、こんな感じで出てきますからね。

 

 

 

アニメや漫画のキャラクターを髪色に落とし込む時に僕が気を付けていること

 

ぶっちゃけ、ジョジョって何度も履修しようとして2部の途中で断念してしまうので、徐倫が出てくるところまで見たことがないんですよね。

なので、そのキャラクター性まではわからないのですが…。

 

わからないなりに気を付けていることとしては3つあります。

 

 

 

①作品全体の空気感

 

先ず何よりも大事にしているのは、その作品全体の空気感です。

今回であればジョジョなわけですが…。

 

ジョジョシリーズを端から見た時に、どちらかというと小綺麗感じというよりは、ちょっと泥臭い感じですよね。

スタイリッシュであることは間違いないですし、めちゃくちゃ格好いいと思います。

 

ですが、なんと言うか…。

線が細くて明るめな色彩で…というような最近の作品のスタイリッシュとか格好いいとはちょっと、いや大分違うイメージなんですよね。

 

なんというか、あれはあれで一つの理想像ではあると思うのですが、物凄く生々しい人間味を感じるんですよね。

 

なので、線がクッキリとしていることは勿論のこと、色彩もトーンマップで言うところの下の方のトーンが多用されているイメージ。

 

そういった空気感って、作品からイメージを膨らませる時に一番大事な要素かなって僕は思います。

 

 

 

②どの絵のそのキャラクターなのか

 

これも非常に重要です。

アニメや漫画のキャラクターって…、例えば小説原作の作品だった場合。

 

原作小説のイラストを担当されている方の描いたそのキャラクターと、アニメ化された時のそのキャラクター、そしてコミカライズされた時のそのキャラクター。

更にはグッズだとかなんだとかになった時の絵で結構色味が変わってきたり、そもそも絵が変わってきたりしますよね。

 

ですから、どの時のそのキャラクターなのかは非常に重要になります。

 

 

③要素の取捨選択

 

全体の空気感を理解した上で次に重要になってくるのは、その要素の取捨選択です。

 

例えば色であれば、カラフルなイメージだからといってその色を全て取り込むわけではありません。

と言うのも、色が沢山使われているからといって、全てを取り込むとちぐはぐな感じになってしまうことがあります。

 

特にアニメや漫画のような平面の場合、色と同時に線がありますよね。

その線が太いのか細いのか、クッキリしているのか柔らかいのか。

 

それによって、考えるべき配色が決まってくると僕は思います。

 

例えば、全体のお色が線ではなく面で構成されていたとしても、その絵自体の線が柔らかな線なのであれば、髪色に落とし込むなら面ではなく線で構成しコントラストを弱くして馴染む感じにします。

 

 

 

といった感じで、全体の空気感要素の取捨選択をした上で、どう構成するかを考えます。

 

 

 

メインの色と配色

 

で、今回は空条徐倫がテーマなので…、

 

 

 

 

全体のお色はくすませて。

青みの暗めの緑と、黄色味の明るい緑のパターンがありますが、作品全体の空気感で言うなら暗めだと感じたと、

今回オーダー頂いた時に見せていただいたのが何の時の徐倫かはわからないのですが、その絵では暗い青みの緑だったので、メインは暗い青みの緑で。

 

また、ジョジョはどちらかと言うとクッキリした線ですから、配色も細かく作るのではなくクッキリハッキリとした配色にしています。

 

 

 

 

 

 

メニュー:Hanaカラー_full(¥25,000)+Hana式トリートメント(¥5,000)

所要時間:5h

 

 

 

といった感じで。

アニメや漫画のキャラクターの髪色をそのまま、と言うよりもそのキャラクターや作品全体のイメージを髪色に落とし込むのが僕は好きです。

なので、そういったオーダーはぜひお任せくださいませね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました