前髪がある方もフェイスフレーミングとインナーカラーでホワイトヘアに

”最近流行っている髪色”というのは難しいですが、スタイルとしては”フェイスフレーミング”というスタイルが流行っているのかな、と感じます。

 

ベースのお色よりも明るかったり暗いお色を、お顔周りを縁取るように作るフェイスフレーミング。

大胆にコントラストを付けるこのスタイルですが、作り方やコントラストの強弱に気をつけてあげればどんな系統の方にも合わせられるスタイルだと思います。

 

今日はそんな、フェイスフレーミングのお話をば。

 

 

 

【華やかで品のある髪色が派手髪】

【当たり前から一歩踏み出した面白いスタイルを】

をモットーに、東京は学芸大学駅から徒歩4分の Al Chem という美容室にてカラー技術ではなく僕の作るデザインをご提供しております。

こちらの記事や日々のブログ、スタイルページ、インスタグラムなどをご覧頂いた上、僕の理念や作るスタイルに共感頂けた方は是非LINEオフィシャルアカウントから、友達追加の上ご連絡ください。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

Instagram

チダハナラヂオはこちら

Al Chem オンラインショップはこちら

Al Chem Online Store powered by BASE
美容室Al Chemのオンラインストア

 

 

 

 

お顔周りを大胆にデザインするフェイスフレーミング

 

実は僕も…、

 

個性的で小顔効果も得られる髪色のスタイル、フレームカラーの話
今日はちょっと変わったスタイルのお話をば。 僕が普段作らせて頂いているスタイルといえば、 こういう感じで、全体をブリーチして2色以上を使ったカラフルなスタイルが多いわけですが、個人的に好きなスタイルは地毛...

 

こちらの記事でご紹介したように、作ったことがあったり…、

 

 

 

ヘアカラーのモードって…?最近可愛いと思うネモキンスタイル
ヘアカラーに於けるモードって何でしょう?ブリーチしていること?メッシュ?グラデーション?インナーカラー??今既に存在しているスタイルは果たしてモードなのか…。僕の思うモードと、スタイルのご紹介です。

 

あまり意識していませんでしたが、こちらもフェイスフレーミングの1種なのかなと思います。

 

何にしても、ベースのお色に対して異なるお色をお顔周りに配置していたらそれになるのかな?と。

 

 

 

フェイスフレーミングに出来る髪型って…?

 

よくInstagramなどで見かけるフェイスフレーミングは…、

 

 

 

 

このように、前髪が無く両サイドに流すスタイルですよね。

こういった髪型の方が、”枠感”と言うか、”縁取っている感”が出やすいのかな?と。

 

 

 

前髪があるヘアスタイルだとできないの??

 

確かに、ヘアカラーのスタイルはカットのスタイルと切っても切り離せない関係があります。

ですが、前髪があるスタイルだからと言って必ずしもフェイスフレーミングができないという訳ではありません。

 

但し、矢張り髪型が異なれば見え方も少し変わってきます。

 

前髪があるスタイルの方が、フレーム感が薄れてしまいガチになったり…。

前髪の部分をどう処理するかでその印象はまた変わってきます。

 

とはいえ、前髪があるからフェイスフレーミングが出来ない訳ではないのでご安心ください。

 

 

 

前髪があるスタイルでフェイスフレーミングに…!

 

という訳で今回作らせて頂いたのがこちら…、

 

 

 

 

 

 

インナーカラー、インナーバングをそのまま繋ぐような形で、ホワイトヘアのフェイスフレーミングです。

 

 

 

 

内側もこんな感じ。

いつも通りの、ブリーチ1回でホワイトです。

 

【綺麗に・ダメージを抑えて・滲みない痛くない】ヴァージンヘア(黒髪)から1回でホワイトにもできるHanaのブリーチ技術
毎日のようにホワイトブリーチをさせて頂いている僕が、今までに書いたホワイトブリーチや、僕の基本的なブリーチ技術にまつわる記事のまとめです。1回でホワイトヘアに出来る理由やダメージレスな技術、滲みない塗布など様々な記事の総集編なので是非ご覧ください。

 

 

 

前髪の処理の仕方で印象が大きく変わる

 

 

今回はこのように、前髪の内側をブリーチする形にしました。

ですが、先程ご紹介させて頂いた記事のように…、

 

 

 

 

前髪の部分を全て、フレーミングの範囲内と見做し作っても可愛いスタイルになってくれます。

お色味や前髪の深さが違うのでまた印象が異なりますが、

 

 

 

・前髪は内側だけにする場合

 

 

明るさ、お色味問わず、フレーミング部分にベースのお色が被ってくるので比較的落ち着いた印象になってくれる。

内側と外側でコントラストが付くため、流したりした時にも立体感が出る。

比較的フレーム感は薄れる。

 

 

 

・前髪部分を全てフレームにする場合

 

 

バングカラーの要素が入るため、比較的クッキリとした、華やかな印象になる。

前髪のパーツ全てが一色になるため、流した時の立体感などは出にくいため、真っ直ぐ下ろす方に向いている。

比較的フレーム感が強くなる。

 

 

 

という感じです。

どちらが良い悪いでは無く、ご自身の好み次第なので、是非参考にしていただけたらと思います。

 

 

 

 

 

メニュー:ホワイト・ブロンド(¥20,000)+Hana式トリートメント(¥5,000)

所要時間:6h

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました